健康診断の大切さ

私が十数年前に小さな病院で働いていた頃は、まだ若いから大丈夫という気持ちとお金がもったいないという気持ちから、職場の健康診断以外の検診は何年間もまったく受けていませんでした。実際、そういう人たちは周りにたくさんいました。自分が看護師ということもあり、当時はそのくらい病気なんて他人事だったのです。
そんなことがあって、今では、職場での健康診断以外にも市の健康診断を受けたり、自分が少しでも気になる症状があればすぐに受診するようにしています。健康診断が実施されている会社に勤めている人であっても、やはり健康への意識を持って自発的に他の検診も受けてみるという姿勢が必要なのではないかと思います。同じ医師免許を取得していても、医師によって本当にさまざまです。判断された病名や処方される薬も違ってきます。あってはならない話ですが、医師によっては病気が発見できなかったり、誤診もあります。そのようなことがあるので、健康診断をいくつか受けてみたり、病院を変えてみることも大切です。
看護師は患者さんに指導する立場なので、自分の健康にも十分気を配らなくてはなりません。お金を稼げるのも、健康な体ありきです。目先のことだけを考えず、将来を見据えて体は大事にしていきたいものです。
関連サイト⇒⇒⇒神戸っ子のキレイライフ